1/5
  関塾志津駅校の集団指導 6つのポイント

  英語・数学・国語・理科・社会の5科目の授業が受講できます             ② 週2回~3回の通塾で無理なく・無駄なく通うことができます

③ ライバルと切磋琢磨しながら、競争して成績が伸びます                       ④ 土曜フォロー講座できめ細かい個別のフォローをうけられます

⑤ 5~10名の少人数制授業なので1人1人が主役になります                       ⑥ 個別指導よりも安価な価格設定なのでご家庭への負担減になります 

中学1年生

個々の生徒に合わせた指導で『勉強をする』姿勢・習慣を身に付けます。

 

高校受験に向けて必要となる『勉強をする』とは何かを指導していきます。中学生になると、部活や学校行事が忙しくなり、なかなか自分の時間が取れなくなってしまうものです。そのなかで『勉強』は子供たちにとっては後回しにしてしまう傾向にあります。関塾志津駅校では、部活や学校と勉強を両立できるように、学習習慣を身に付けられるようにしていきます。また、この学年で意識すべきポイントは、限られた時間の中でなにをするかの判断をもつことです。中学1年生という、高校受験の基盤となるこの時期にそれが出来るようにすることで、子供たちの可能性を大きくひろげることにつながります。

中学2年生

受験を意識させ、中学3年生に備えた学習を展開していきます。

中学での生活にも慣れ、入試までも時間がある状況の中ではなかなか勉強に身が入らず、なかだるみの学年といわれるのがこの中学2年生の時期です。しかし県立入試や私立高の入試では、中学2年生の単元が多く出されており、合否を分けるといっても過言ではありません。また、中学2年生で学習する内容の多くがそのまま中3単元に直結しており、理解せずに進んでしまうとその後の学習にも影響を及ぼしかねません。中学2年生のポイントは「受験への意識・目標をもつ」。集団授業では、各教科ごとに宿題範囲からの確認テストや隔月に行われる「学力診断テスト」などでわかりやすい目標を提示しています。

目標をもって、自ら進んで勉強に取り組む姿勢をつくっていきます。

中学3年生

志望校合格に向けて、受験生としての在り方を指導していきます。

 

本格的に受験生となる中学3年生。受験に向けての意識を持たせていくのはもちろんのことですが、まずは中学3年生の新出単元を中心に学んで行きます。講習会の期間は中学1・2年生までの単元復習を平行して行います。受験直前期には、入試を意識したより実戦的な学習へと移行します。単純に問題を解いて終わりではなく、その先にある根本的な理解を深め「志望校合格」に向けた受験勉強を展開します。学習の定着度は「学力診断テスト」や「Vもぎ」で確認し、成績による志望校判定も行います。また、定期テスト直前期には対策授業や各学校の「対策教材」などを通じて、学校のテストへの備えも万全におこなっております。